恋愛

国際ロマンス詐欺の手口について経験者が告白しちゃいます。コロナの時代だからこそ気を付けて。

投稿日:2020-07-25 更新日:

international love

国際恋愛詐欺(ロマンス詐欺)ってご存知ですか?

最近、また、国際恋愛詐欺が増えてきている気がすると思いブログを書くことにしました。
国際恋愛詐欺(ロマンス詐欺)とは、SNSなどを通じて外国人が金銭目的で恋愛関係を装い続けて、最終的にお金を求めてくる詐欺です。

1年前くらいにかなり話題になって、テレビ等のメディアでも大々的に取り上げられていましたよね。

私はその経験者です(笑)

幸いお金は取られておらず、お金の話になって気づけてたのでよかったですが、その当時は国際恋愛に憧れていたピヨピヨ女子だったのでウッカリ詐欺師に心は奪われてしまいましたw

最近国際恋愛詐欺(ロマンス詐欺)が増えてきているんじゃないかなと思ったワケは、私のInstagramにここ数日で異常に外国人の男性からフォローがあり、更にDMを送ってくるからです。彼らのアカウントを見ると、だいたいどれも同じパターンですぐに「国際恋愛詐欺だ」とわかるので速攻ブロックしてフォローを外しています。

そう、国際恋愛詐欺師にはパターンがあります。もはや写真のパターンも掴んできました。

そして最近私はTinderはやっていないのですが、たぶんTinderをやっていればInstagramと比にならないくらい、詐欺師が絶好調に活動中なのではないかと思いました。理由はコロナを理由に日本に会いに来ない理由がつけやすいし、コロナ期間中にネットユーザーが爆増しているからです。そして、ネットに慣れていないネットリテラシーが低めな方々も増えてきていることも重なり、詐欺師にとっては簡単にひっかけやすいマーケットが広がっていてウハウハな状況だからです。

このページにたどり着いた方々も、素敵な彼に出会えたけど少し不安がある、、、と感じている方々がいらっしゃるのではないでしょうか?

もちろん、多くの人は素敵な外国人の彼と出会えて幸せに過ごされていると思います。ただ、残念ながら悪質な国際恋愛詐欺集団がいることも事実で、特に心優しくて素直な日本人女性はそのターゲットになりやすいので、以下の要素に当てはまる方はぜひこのブログを最後まで読んでいただいて、もしよかったら参考にしてみてください。

国際恋愛詐欺?まずは国際恋愛詐欺の典型パターン12個のポイントをチェック!

  1. 彼が外国人でSNSを通じて知り合った
  2. 彼とのコミュニケーションはいつもテキストか電話(顔出ししない)
  3. 彼はイギリス人、もしくはアメリカ人だと言っている
  4. 彼の仕事は以下だと言っている
    -オフショアで石油採掘している
    -会社経営をしている
    -米軍で働いていている軍人
  5. 彼の境遇に哀れみを持たせる
    -妻と死別して悲しんでいる
    -戦地で毎日戦っていて辛いが、親の医療費のために命をかけて働くしかない。
    -シングルファザーで子育てを一人で頑張ってる
  6. 彼のSNSの投稿や画像の枚数が少なく(多くて15枚くらいかな)、フォロワーも0~15名くらいしかいないし、投稿にフォロワーからの反応がない。(最近始めたばかりだからとか言っている)
  7. すぐに結婚をほのめかす。
  8. 仕事が忙しくて出会いがないのでSNSで出会いを求めることにしたが、あなたの写真を見て運命の人だと思ったなど、熱烈アプローチをしてくる。(忙しくて恋愛経験が少ないからこんなに簡単に熱くなるのかな、、私に出会えてよかったね、、とか思ってしまう(笑))
  9. 電話で話すと英語がイギリス英語・アメリカ英語の発音ではない。
  10. お金を貸してほしいと言われた(家族が病気、早く軍人を辞めたいなど)。
  11. あなたにギフトを送りたいので海外から日本へ送付すると言われたが、ある日、税関職員と名乗る人からその荷物の関税納付を求めれた。
  12. もっともらしい理由を付けて全然日本に会いに来ないし、ギリギリでキャンセルしたり、こちらが会いに行くことも拒む

どうでしょうか?

上記にいくつか当てはまる方は、まず絶対にやってはいけないのは「お金を1円でも支払わない」ということをまずは肝に銘じてください。

私は国際恋愛詐欺以外に、普通に多くの純粋な国際恋愛も国内恋愛?もしてきましたが(笑)、一度も家族や仕事を理由にお金を求められたことは一度もありません。当たり前ですよね。

でもそんな私が、国際恋愛詐欺の被害に遭いそうになった時の具体的なシチュエーションを赤裸々告白します。

1つお伝えしておきたいのは、「外国人だから文化が違うんだ。」と思い込み、受け入れ難い要求をされた時に容認しないことです。どこの国の人であっても、自分にとって違和感のある振る舞いがあった場合は、しっかりNOと言える自分でいることが結局自分の幸せにつながります。と言っても、恋は盲目。。。

とりあえず、リアルな詐欺シチュエーションをご紹介いたしますね。

 

国際恋愛詐欺 私の具体例(第1回)

彼を探していた私は当時、Tinder を利用して出会いを探していました。

そこにやってきたのが、国際恋愛詐欺師のA氏です。

ちなみにTinderは普通に沢山真面目な恋愛もできますので、先にお伝えしておきます。
私はいまだにTinderで出会った友達も仲良しですし、元カレたちとも仲良しです。

どこのコミュニティにも変な人は混ざっていますから、Tinderが悪いわけではありません。どこのコミュニティであっても、しっかり自分で相手を見極める力が必要ということです。ただ、Tinderは利用目的が「恋愛」の人が多いので、感情や目的を考えると、そういう恋愛詐欺師にはもってこいの環境ということは確かです。

とりあえず私は、マッチング数300を超える中の一人のA氏とテキストのやり取りが始まりました。
※ちなみにTinderでマッチングがなかなかうまくできない女性は、写真の掲載方法次第でマッチングは爆増しますので今度その方法をご案内します。

彼はイギリス人で、建設会社の経営者だと言っていました。毎日仕事が忙しくて、女性と出会う時間がないのでTinderを利用してパートナーを探すことにしたとのこと。

毎日何度もテキストが来るようになり、とにかく甘い言葉を沢山送ってくれました。そして「君こそが運命のパートナーだ」というようなことをほのめかすようになり、こちらをドキドキさせてきます(笑)

建設現場の画像等も送ってきて、今自分の会社が手掛けている案件だと言って、私の信頼を得ようとしてきます。

そして電話もかけてくるようになりました。イギリス人だと言っていたのですが、イギリス人の英語ではなく酷く訛りがあり、文法も独特でとにかく聞きづらい英語だなぁと思いつつ、既にトキめいている私にはもはやそんなことはどうでもよく、会話が成り立てばいいということで電話でもお話しするようになりました。SKYPEやFacetimeなどを求めても、移動中でバタバタしているところなので時間がないからまた改めようと言って顔出しは絶対に嫌がります。

とはいえ、私自身も顔出しは緊張するし疲れるし、顔出しして嫌われたら嫌だなと思う部分もあり、まぁいっかとなります。

そしてある日、突然電話が来て「今ガーナに仕事で来ているが、会社の保険の期限が今日までだと気づき、保険会社に振り込みをしないといけないのだがセクレタリが休んでいて連絡が取れない。今日振込をしないと保険会社から保険が切れると言われているが、自分はガーナでネットや海外との銀行への接続がセキュリティ上できなくて振込ができないので、僕の銀行口座のIDとPWを教えるからそこから保険会社に振り込みをしてくれないか。今から僕のネットバンクのURLとIDとPWを送るね」と言って、本当に送られてきました。

もし彼が、「君の口座から振込してくれないか?」と言ってきたら、即詐欺だ!と思えるのですが、この詐欺師は巧妙で最初にまず自分の銀行口座から私が振込をするように促しました。それを求められた私は「彼の銀行口座のIDとPWを教えてくれるなんて、私はとても信頼されている」と思ってしまうわけです。(いやいや、もっと冷静な人ならこの時点ですぐ詐欺だって気づくだろって話ですが(笑)恋は盲目ってことで。。。)

そして促されるまま、彼の銀行口座だと言われるシステムにアクセスし、ログインして無事に振込を完了しました。もちろんあとから考えてみると、これは偽のサイトで実際にお金は動いていません。つまりこの詐欺師は大きな詐欺組織の一員と思われ、要はその詐欺集団が作った偽の銀行口座風システムで、こうやって幼気な女子をだまして信頼を得ていくわけです。

続編は第2回へ続く…

 




-恋愛
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

international_love2

国際ロマンス詐欺の手口について経験者が告白しちゃいます。(続編)

  国際恋愛詐欺 私の具体例(第2回) 前回までのお話しは、こちらをご参照ください。 国際恋愛詐欺 私の具体例(第1回)   国際恋愛詐欺経験者のグログ管理人が語る、国際恋愛詐欺 …

love

国際ロマンス詐欺の手口について経験者が告白しちゃいます。(最終回)

  国際恋愛詐欺 私の具体例(最終回)   前回までのお話しは、こちらをご参照ください。 国際恋愛詐欺 私の具体例(第1回) 国際恋愛詐欺 私の具体例(第2回)   国際 …